人気ブログランキング |

ほっこりbonte 癒され日和 bonte.exblog.jp

いろんなことに気付く毎日。大切に。。。大切に。


by ちゃこ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

今日はコンクール♪

日曜日は末娘のエレクトーンのコンクールでした。
この2ヶ月ほど、
コンクールに向けて毎日練習練習練習練習……
をケンカしながらやりました。( ̄^ ̄)

エレクトーンを習い始めて1年。
まだ音符も読めず、両手でやっと弾けるような段階で、
ついこの間、初発表会を経験した所の娘。
エレクトーンの先生から
コンクール出場のお話を聞かされたときは
¨挑戦させる¨ということで、
かなり無茶ぶりかな~と思いながらも
「やってみる?」と聞くと
「やる。」と言ったので
そんなに深く考えずにコンクール出場を決めました。

さて~
とりあえず、音符の読めない娘。
どうやって教えようか。。。

とりあえず、私が弾けるようになってからじゃないと
どんな曲なのかもわからないしなー。

と言うことで、
まず、私が練習を頑張りました。
私はピアノしかしてないので
足のペダルとか、足の鍵盤とか、全然わからない( ̄▽ ̄;)
足と手がバラバラに動く。。。
いえいえ、手と足、右と左が全部違う動きをするのは
もう、何て言うか
どうすればいいのぉ~(>_<)
て感じでしたが、
やればなんとかなるもので
テンポはゆっくりですが弾けるようになりました。

今回、お子が弾くことになったのは
白雪姫から ~いつか王子さまが~
という、ディズニーの曲で
どこか聞き覚えがある、
そして、ワルツなので優雅な感じの曲でした。

見本を演奏し、
「あ、なんか知ってる!」と思ったお子はやる気まんまん!
その気持ちが最後まで続くことを願って。

最初に書いている通り、
まだ、音符が読めません。
その代わり、耳で覚えるのは得意!
まず右手で全部弾けるように。
このとき、左と足を私が弾いて
いつも曲としての形を耳に入れておくようにしました。

子どもってすごい!
いつの間にか左と右を弾けるようになっていました。
次は足。
足はやったこと無いので、上からのぞきこんで
なんの音を出しているか、確認しながら演奏。
子どもってすごい‼
1週間で、両手と左足ができるようになりました!

あとは、リズムをつけて弾く。
データを購入して
リズムをつけて弾いてみました。

005.gif!!

可愛らしかったワルツの曲が
一気にオーケストラ仕立ての豪華な曲に変身~!
エレクトーンはすごい!
一台で何役?

前半で大体の感じが仕上がってきたので
後半は表現力の練習。

今度は右の足を使ってメロディーの強弱をつけるのです。
ピアノは
自分の力加減で強弱をつけるのですが、
エレクトーンは
右足のペダルを踏み込んだり緩めたりして強弱をつけます。
つまり、
左足は左右の動き、右足は前後?上下?のうごきになります。
さらにさらに、
楽しそうに横に体を揺らしながら
後、腕を表現に使いながら。。。

もう、私には無理~(>_<)!!

でも、

子どもってすごい!
お子は横に揺れながら弾いていました。
強弱も、粗削りだけどできるようになってました。

なんとか形になって
いよいよ本番!

今日はコンクール♪_e0353657_19491403.jpg
ちょっと緊張している娘。

学年ごとに弾いていくので、
娘は小学生低学年の部でした。

2年生くらいまでは
「これならちょっと勝負できるかも」と
ちょっと欲を出してみましたが。。。

3年生になったとたん
まるでオーケストラがそこにいて
交響曲なんちゃらみたいなのを弾いてるかのような
めちゃくちゃすごい曲を演奏して

「あ、勝負できるかも」なんて思ってすいません!( ̄▽ ̄;)
みたいな子ども達ばかりでした。

その中、娘の出番。
可愛らしいワルツの曲が始まりました。
いい感じで前奏が終わったその時!
メインのメロディーの音を慌てて一つ弾いてしまったんです!

エレクトーンの恐ろしいところは、
リズムが止まってくれないのです!
リズムはどんどん先に流れていって
娘は足も手もバラバラになっきてしまい、
私は目を開けて見ることも出来なかったんですが、
お子は止まることなく
修正しながら追いつき
たぶん、早い段階で立て直して弾くことができたんです。

あー、もうほんとに
手の先がつーめたくなって、息をするのを忘れていました。

最後、ジャアーーーーーーーン!とかっこよく鍵盤からてをあげてアピール。

パチパチパチパチパチパチパチパチ。。。

よく頑張った~!
早く立て直してすごかった~
たくさん誉めましたよ(^-^)

音符も読めない、初めて足を使った演奏
ほんとにすごいチャレンジ。。。というか怖いもの知らずだったなーと思いました。
それから、
こどもの無限の可能性を感じた出来事でした。

次の日、コンクールの結果が出ました。
落選。
まあ、そうです。
お子に
「やっぱりねー、ダメだったみたいよ」と伝えると
「またコンクール出るからいいねん」
と気持ちは次にむかってました。

次、いつか知らないけど、
いっちょやってみるか!

親バカな話、
横に揺れる楽しそうなパフォーマンスは
一番上手だったと思いますー(^-^)v


by bonteblog | 2016-05-29 19:35 | こどもたち | Comments(0)